桃園会 オフィシャルウェブサイト

#51タイトル
IMG_0844
IMG_0789
IMG_0755
IMG_0661
IMG_0702

深津初期作品『夏の時間』が再演されます。

深津篤史の初期作品桃園会第2回公演で上演された『夏の時間』が
万博設計さんにより再演されることになりました。

1993年初演のこの作品は深津の好きだった内田百閒を彷彿とさせる幻想性に富んだモダンホラーです。
読み直してみると、桃園会としては第2回の公演で、深津が26歳で書いた作品だったにもかかわらず、瑞々しさやリズム感、そこはかとないエロティシズムなど深津作品に共通する文体がすでに完成していることに改めて驚きます。
先日大竹野正典さんの『リボルバー」を演出し、令和元年度文化庁芸術祭優秀賞を受賞された万博設計の橋本匡市さんが日本演出者協会の若手演出家コンクールで上演して下さるとのことで、大変楽しみにしております。
深津篤史コレクションには入っていない作品ですので、これからもあまり上演される機会はないかもしれません。東京のみの上演になりますが、お時間がございましたらぜひご覧ください。

詳細はお知らせ万博設計『夏の時間』をご覧ください。

桃園会はたもとようこ

次回公演情報

桃園会第51回公演『わたしは家族』

この公演は終了しました。

大阪公演 :
2019年9月13日(金)〜2019年9月17日(火)

チラシ表面
チラシ裏面