桃園会 オフィシャルウェブサイト

0078
0131
0144
0333
0393

25年になりました。

 

1992年11月の旗揚げ公演『壁の中の鼠』から今月でちょうど25年になりました。
見守って下さった観客の皆様、スタッフ、関係者の皆様に心より感謝申し上げます。
今作品を25周年、50回公演だからと、ことさら記念公演にしたりはしませんが
桃園会のやってきたことを改めて振り返りつつ、
変らない丁寧な作品創りを出来たらと思っております。
見届けて頂けたら嬉しく存じます。

そして、いよいよ桃園会第50回公演『深海魚』の稽古がスタートしました。
劇団員も含めて、出演メンバーの客演が続くので、
準備期間を長くとろうということで、この時期からの稽古になりました。
すでに5月から深津collection『深海魚』ラボとして劇団員で勉強会も
行なっていますので、ようやく稽古か、という気持ちです。

ここでも何度も書きましたが、Facebookでレポートをアップしたり、
過去の公演の舞台写真やニュースレターなどを公開して、
この公演を多角的に楽しんで頂けるようにしています。
ネタバレの気にならない方はご覧ください。
https://www.facebook.com/toenkaiLABO/

稽古開始と同時に稽古場日誌もスタート。
http://toenkai.blog6.fc2.com/

25年は長いです。
けれども、最初からそこを目指したわけでもなく
日々の積み重ねでしかありません。
そしてたくさんの劇団員が作ってきた25年です。
今ここにいない人たちが、元気で自分の人生を楽しんでいてくれますように。

桃園会
はたもとようこ