桃園会 オフィシャルウェブサイト

次回公演の情報をアップしました。

11月も半ば、朝晩はかなり冷え込むようになりました。
お変わりありませんか?

さて、桃園会第49回公演のお知らせです。
『ふっと溶暗~「断象・ふかつしげふみ」より~』
2017年2月11日(土)〜2017年2月12日(日)
@アイホール
詳細は公演情報から。

 

作・演出は劇団員の橋本健司です。
深津の傍らで役者として、また劇作家として学んで来た彼が
「深津のことを書きたい」と申しました。
日常の記憶から、チラシやパンフレットの言葉から、
私たちの中にある深津があふれ出す、そんな作品です。
今だからできる、今しかできない作品です。

深津を知らなくてもきっと、失った誰かの事を思って
同じ気持ちになれるような、優しく寄り添うような作品になります。

皆様には深津の財産がたくさんあるのだから
それを大切に上演していけば、と思われることを承知で、
私たちは新しい挑戦に踏み出します。
例えその挑戦が失敗に終わったとしても(ないことを祈りますが笑)
それが深津の理想とする劇団であり、桃園会のあるべき姿だと思います。

劇団員だけで客演も呼ばず、旗揚げ公演のつもりでリスタート致します。
見守って頂ければ幸いに存じます。
また、この作品は「深津演劇祭」参加しております。
受付では「深津篤史コレクション」の販売も行なわれます。
深津の美しい言葉と同様に、美しい優しい本です。
一度手に取ってその美しさをご覧ください。

本の購入は深津篤史コレクション特設サイト
http://fukatsu-collection.info/にも
購入フォームがございます。
これからますます寒い日が続きます。
風邪などひかれませんように、皆様、くれぐれもご自愛ください。

桃園会 代表 はたもとようこ